血行が悪くなるというのは極端にすぐに病気になったりとか具合が悪くなるということではないのですがなんとなく体が重いということにつながったりします。病気ではないというところに難しいポイントがあったりするわけですが、とにかく大事になってくることはそれを直すためには血行を良くする必要性があるわけです。それで良いのがマッサージです。マッサージ機など今では家庭用のものでもかなり売れてはいるのですがそうではなく人にマッサージをしてもらうというのがやはりベストです。ですが、そういうお店に行くのも大変という人もいるでしょうし時間がないという人もいます。そんな場合に出張マッサージサービスを利用するわけです。これすることによって、簡単に人にマッサージをしてもらうことができるようになります。自宅まで来てもらうことができますのでこちらで何かしら用意しなければならないとか片付けをしなければならないということはないです。どのようなタイプのマッサージかということも業者によってきちんと明確化されていることがほとんどですし、イメージと違うということもないです。そういう意味でもかなりお勧めできるサービスです。きてもらう、ということに意味があります。

中央区佃島に残る下町情緒

東京都中央区、隅田川の河口の中州に位置する佃の町は、高層タワーマンション群が樹林のように屹立する一方で、少し裏手に入ると昔ながらの下町の風景が今もなおその姿を留めている。本能寺の変の時に明智光秀の軍勢から逃げる徳川家康が、大阪の佃という漁村の住民に川を渡るのを助けられたという恩義から、江戸幕府成立後に家康がその漁民たちを招待したことで成立したこの佃の漁村は、現代に至って都心の再開発の波を受け、タワーマンションの立ち並ぶ住宅街へと変貌を遂げた。その一方で、佃公園に面する佃堀という水場の周辺には、今なお一軒家が数多く立ち並び、狭い路地裏を形成する下町の風景が息づいているのだ。路地の奥にひっそりと隠れた、幻想的な雰囲気の佃天台地蔵尊は、地元の人々の信仰を集めている。そこから佃堀にかかった朱く美しい佃小橋を渡り、子供達の憩いの場、駄菓子屋「長べえ」の曲がり角を右へ逸れると、大阪の住吉大社の分社である住吉神社が静かに佇む。境内を抜けて隅田川の堤防沿いに出ると、江戸時代から続く老舗の佃煮屋、「田中屋」「天安」「丸久」の三軒が今なお軒を連ねている。そこから再び佃堀を渡って佃公園のはずれに出ると、石垣の上に立った、昔の灯台を復元した、時代劇に出てきそうな雰囲気の建物が鎮座し、子供達の遊び場となっている。都心の喧騒に疲れた方は、是非ともこの水に囲まれた美しく歴史ある都会のオアシスを訪れてみてはいかがだろうか。

ホームに戻る